« 人間ドッグ | トップページ | Endeavor Pro2500_2 »

アーマーモデリングと特別付録_2

 以前「アーマーモデリングと特別付録」と言う記事を書いたが、今回も一言申す。

 7月発売の月刊「アーマーモデリング」8月号にも「特別付録」なる物が付いていた。
と言うか私的には抱き合わせ販売であるが。
通常1380円が1680円もした。
この付録が300円もするのかい!?

 その付録とは、1/48スケール ミハイル・ヴィットマン&クルー(2体&半身1体)の組み立てキットである。
ミハイル・ヴィットマンもTIGER Ⅰも好きであるが、この「特別」付録はいかがなものか?

 1/35ファンとしては要らぬ世話?
そもそもこの「特別」とは、いかがなものか?
MODELKASTENの1/48スケールの2体セット物が1890円もするのだから、300円は安い?
その差額分が特別か?
昔の付録、Sd.Kfz 251/22 パックワーゲンの時もそうであったが、どうも付録連動通信販売企画みたいな気がする。
その販売促進が主たる目的の付録であるならば無料とするのが本来の「付録」ではないか?
しかも特別と言う形容詞(?)も付いている。

 「そこまで言うのなら買わければ良いじゃん」
と言われそうだが、私の今現在の趣味に一番合った雑誌でもあるし、出来れば毎月買いたい。
私は恋も雑誌も一筋なのだ。

 だが、今回はもう少しで、「マスターモデラーズ」25号に浮気しそうになった。
それは
【AFV特集 本土決戦の切り札 ! 三式中戦車】
の特集の為であった。
この三式中戦車が気になってしょうがなかった。

 何度「アーマーモデリング」1680円と
「マスターモデラーズ」1280円を手に持ち替えたか?
別に付録が気に入らないわけじゃない。
その販促目的の「特別」付録にもかかわらず追加料金を取ることが腹立しいのだ。
ならば両方買えって言わずに、この一途な気持ちを大日本絵画さん(アーマーモデリング発行者)解って欲しい。

あーすっきりした。

ではでは (@_@)

|

« 人間ドッグ | トップページ | Endeavor Pro2500_2 »

「プラモデル」カテゴリの記事

コメント

根生さん今晩は、相変わらず黙々と進展していますね。
いつも感心しています。

そうなんです。
いくら1/48スケールが上り調子だと言っても、コスト的に安いって言っても、日本の住宅事情にあっていると言ってもやっぱ1/35が好きです。

こんな私って、食わず嫌い?

ではでは (@_@)

投稿: fami | 2005年8月 6日 (土) 午後 10時29分

よくぞ言ってくれました。
私は気が小さいので言えませんでしたが、まったく同感です。
でも1/35ならOKだったかも(+_+)\バキッ!

投稿: 根生 | 2005年8月 6日 (土) 午前 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85745/5326246

この記事へのトラックバック一覧です: アーマーモデリングと特別付録_2:

« 人間ドッグ | トップページ | Endeavor Pro2500_2 »