« 出演者の反町隆史と、渡辺大、松山ケンイチが舞台あいさつ予定 | トップページ | SANYO DIPLY TALK ICR-B80M »

少年野球「好きなだけでは、上にいけない」

fami.Jrの少年野球の練習の最後の監督、コーチの言葉。
「帰ったら、宿題しろー!」
「早く寝ろー!」
「それから、肩と肘を冷やすのを忘れるなー」

Σ( ̄ロ ̄|||)なんと!?アイシングー??

少年野球でアイシングが必要なの?

 監督、コーチの話によると、良いピッチャーほど試合の日程が詰まっているそうである。
連投連投で結局、肩、肘を故障。
結果、遠方(スポーツ診療所?)まで治療に行き、最悪選手生命を断たれる。

 考えてみれば、プロ野球のように控えのピッチャーが居るわけでなく、以外にプロのピッチャーより酷使してたりして・・・

そう言えば前出の少年野球BLOGでも肘の故障についての記事があった。

その記事によると投げ方に問題があるそうである。


ts_mov5

 ボールの投げ方なんか考えた事が無い。
そんなものは自然と身に付くものと思っていた。
しかし、そこで紹介されていた

「好きなだけでは、上にいけない」 立花龍司のONLINE COACHING

の中の
肩のひねり←Flash

によると「肘の伸展」による投げ方は肘を痛めやすいそうである。

>「肩のひねり」で投げる方が良いそうである

 そっかー、名プレーヤーのボールを投げてる写真。
何か自分と違うと思っていたが、こう言う事なんだろうか?
早速、肩のひねりを真似てみる・・・(-_-;)
上手くいかない
これはバトミントンのラケットの購入の必要が有りか・・・?
ん?自分が練習してどないするん・・・(笑)

ではでは(@_@)

|

« 出演者の反町隆史と、渡辺大、松山ケンイチが舞台あいさつ予定 | トップページ | SANYO DIPLY TALK ICR-B80M »

少年野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年野球「好きなだけでは、上にいけない」:

« 出演者の反町隆史と、渡辺大、松山ケンイチが舞台あいさつ予定 | トップページ | SANYO DIPLY TALK ICR-B80M »