« 神戸へ出張 | トップページ | なんでもプラコンペ_投票始まる »

がんばれキャッチャー(少年野球blog様より御代拝借)

 当たり前だが、野球は9人でするもの。
がしかし、少年野球ではキャッチャーが重要らしい。

投手が四球を出す。しかし・・・

①捕手が盗塁を刺せる。

②次から盗塁をしてこないから、ダブルプレーが狙える。

③四球を出しても怖くない、投手はイキイキして投げられる。

守りのリズムは誰が作っているか?
実はキャッチャーからなんです!

私の少年野球チームの考えですが、チームで一番運動能力のある選手を、投手ではなく、ショートでもなく、キャッチャーとして育てるようにしています。

ある程度、としか言えませんが、勝ち上がるにはキャッチャーが盗塁を刺せる事が最重要、私は1番目に大切な内野手と考えています。

引用元リンク: 少年野球BLOG: がんばれキャッチャー

 この記事を見て目から鱗であった。
まさにその通りである。(常識かい?)
キャッチャーが今一のチームは、
ファールチップが取れない。
振り逃げされる。
盗塁される。
1ヒットで2塁ランナー進塁、その後ボールを後逸して本塁を踏まれる。
こうなると守ってる方も、投げる方も応援する方もだらけてしまう。

 我がチームのキャッチャーは?

頑張れキャッチャー

ではでは(@_@)

|

« 神戸へ出張 | トップページ | なんでもプラコンペ_投票始まる »

少年野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がんばれキャッチャー(少年野球blog様より御代拝借):

« 神戸へ出張 | トップページ | なんでもプラコンペ_投票始まる »