« キャンプレポ@大鬼谷オートキャンプ場 | トップページ | 算数と数学、直感と公式 »

キャンプレポ@大鬼谷オートキャンプ場_2

 2回に渡りレポする程でもないが、前回の記事が中途半端かつanneさんからお問い合わせ頂いた為記事にする事にした。
車内パッキングは前日記事通り。
でルーフはこんな感じ。
Roof
 おそらく当日大鬼谷オートキャンプ場でママチャリ持参のキャンパーは私だけであったろう。
重量20Kgも有るママチャリをルーフに積むのは抵抗あったが、可愛いfami子の為に無理をした。
今回移動には一般道しか通ってないが高速道路走行にはかなり勇気が要るであろう。

Site_2
 まず左から7年前のキャンプデビュー以来愛用のアルペンオリジナルブランドSOUTH FIELDのドーム型テント。その隣が清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したsnow peakHDタープ“シールド”・レクタ(L)Proセット2005。今回は綺麗に張れたと自負しております。
その隣が同伴者のコールマンのドームとコールマンのスクリーンタープです。
よって、2家族でのキャンプでした。

 こちらはリビングの様子です。
Living
 当日の料理メニューの1部はここにあります。
 シンプルキャンプを目指している割には大道具な引越しキャンプである。
私としては上下水道、電源、区画無しのフリーサイトが理想であるが多数決によりこのようなスタイルになる。
気になる隣のキャンパーは電気炊飯器、電気ジャーポット持参であった。
人それぞれのキャンプスタイルが有るが、これは如何なものかと・・・?

 大鬼谷オートキャンプ場について
お気に入りのキャンプ場の一つである。
その理由は、ほぼ毎年のようにSnow Peak Way がココである為か、利用者にsnow peak愛好家が多く、中国地方最大のサイト数を誇るオートキャンプ場の割りにはキャンパーのマナーが良いところに有る。
「憧れのsnow peakerにはマナーの悪い人は居ない。」
と私は思っている。

 GW、盆休みと最繁盛期にしかキャンプに行けない私にとって、行くキャンプ場はいつも満杯である。
そこでマナーの悪いキャンパーの近くにテントを張ろうものなら
(▼O▼メ) ナンヤコラーー!!
これ以上は愚痴になるのでやめておこう。

 以上、famiのオートキャンプレポでした~

 「こんなのはキャンプとは言わない!」
と、てっちんママから突込みが有りそうですが
そんなこんなで私の黄金週間は終わったのである。

ではでは (@_@)

Banner_01←ブログランキングに参加してます。良かったらクリックしてください。

ココログランキングに参加してます。クリックしてね!!

|

« キャンプレポ@大鬼谷オートキャンプ場 | トップページ | 算数と数学、直感と公式 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

はは、これまたガラガラだったら、それはそれで寂しいもんなんでしょうね(笑)

わがままな管理人でした~

ではでは (@_@)

投稿: anneさんへ | 2006年5月11日 (木) 午後 10時15分

キャンプレポありがとう!ほとんどが平日キャンプのわが家はキャンプ場もほぼ貸し切り状態だったりして、他の人のキャンプの様子を見せて貰うことが少なくて・・・。
楽しかったです!!大地の上に寝て小鳥の声で目覚める。あとはノンビリ・・こんなキャンプらしいキャンプがまたしたくなりました。

投稿: anne | 2006年5月11日 (木) 午後 12時19分

 とりあえず、ディキャンプは如何でしょうか?
小さなテーブルと小さな椅子とクーラーボックスに食材と飲み物を詰めて、後はBBQコンロと炭。
木陰が有ればタープも要らない。

 その瞬間が気持ち良いと思ったら、又行きたいと思いますよ。

ニワトリを絞めるのはその後でも良いかと・・・・
((((((((((((( ̄▽ ̄;ク、来ルナァッ!!

ではでは (@_@)

投稿: てっちんママへ | 2006年5月10日 (水) 午後 10時32分

>「こんなのはキャンプとは言わない!」
と、てっちんママから突込みが有りそうですが

ヲタ…ではなかった自称インドアな趣味をもったてっちんパパと結婚して以来、キャンプはごぶさたなので、レポートでアウトドア気分を満喫させていただきました(^^♪ うちのセレナくんがお外で活躍する日は一体いつになることやら(-_-;)

投稿: てっちんママ | 2006年5月10日 (水) 午前 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャンプレポ@大鬼谷オートキャンプ場_2:

« キャンプレポ@大鬼谷オートキャンプ場 | トップページ | 算数と数学、直感と公式 »