« プロダクトキー Windows、オフィス等のプロダクト・キー(CD-key)を調べるには | トップページ | また負けちゃった・・・・・ »

softbank ソフトバンク 912T 着うた作成法_2

思えば、最初に記事「softbank ソフトバンク 912T 着うた作成法」から1年以上経ってますね~w
つか、この記事の事すら忘れてましたが、着うた作成にあたり「着うた」でマイ記事検索かけたら出てきました。

と言いますのも家のおバカ娘fami娘が
「と~さ~ん、着うた取ったら駄目~?heart
「今の飽きちゃった~heart
と、おねだりしてくるのですが彼女にはメール以外でのパケット禁止令発令中なのでした。
しかし、これではちょっと可哀想かと思いまして、たしか昔自分用に作ったよな~と思いだしたのが今回の始まりです。

さて本題
流れとしては3年前の記事「vodafone ボーダフォン V603T 着うた作成法」と殆ど同じでして、本家「着うた」は特殊ファイルの為、SMAF(mmf形式)の着うたを作ります。
おそらくこれは携帯上では音声ファイルかメロディファイルとみなされるのでしょうが実は中身は「着うた」と言う、「似非(えせ)着うた」を作ります。(違うのかな~?・・・w)

そのために、audioファイルからWAVEファイルを吸出し、吸い出したWAVEファイルをサビの部分だけカットしてSMAF(mmf形式)に変換。
出来たものを携帯電話に転送という手順を踏みます。

ここで重要なのはファイルサイズです。
前の機種「vodafone ボーダフォン V603T 着うた作成法」では約50kB以下でしたが、今回の機種は上限が300kB程ありそうですので曲の長さを20秒で300kBを目標ファイルサイズとしてSMAF(mmf形式)の着うたを作ります。

必要なものは
audioファイルからWAVEファイルを吸出すソフト(フリー)
waveファイル編集ソフト(フリー)
waveファイルからSMAFファイルに変換するソフト(フリー)
携帯電話用USBデータ転送ケーブル(1,000円以下)
です

まずは着うたにしたい原曲のWAVEファイルを作ります。
これはCD-audioから作る場合、MP3ファイルから作る場合があるかと思いますが、いろんなソフトがるのでお好きなのをどうぞ・・・・。
有名何処では、「Rip!Aoudico(フリーソフト)」「CDex (フリーソフト)」「CD2WAV32 (フリーソフト)」「B's Recorder」・・・等があります。
使い方は各ソフトのヘルプでどうぞ。
ドラッグ&ドロップするだけ等、簡単に出来ると思います。

次に、出来たwaveファイルを編集します。
私が使ったソフトは「SoundEngine Free」です。
このソフトを使って約20秒前後の好きな部分を切り取る事にします。

「SoundEngine Free」を起動して、先程作ったwaveファイルを開きます。
そして、再生しながらお好きな部分の曲間の波形をドラッグします。
少々コツが必要ですが慣れると簡単に出来ます。
ドラッグした部分の時間が表示されるので、目安にすると上手くいきます。
簡単に何度でもやり直しが出来ますので納得行くまでして下さい。
20090610

上手くお気に入りの部分がドラッグ出来たら、「編集」→「切り抜き」を行います。
20090610_1

この「切り抜いた」部分だけ再生できますので、納得いかない場合はもう一度やってみてください。
良かったら、お好みで「フェードイン」「フェードアウト」しましょう。
フェードしたい部分を「ドラッグ」→「編集」→「フェード」です
20090610_2
実はここで、音量、音質の調整が出来ますので慣れてきたらお持ちの携帯電話との相性、好みに合わせて調整するのも良いでしょう。
良ければ「ファイル」→「名前をつけて保存」で適当な所に保存

最後に、SMAF(mmf形式)に変換。
使ったのは、「えせ着うたフロントエンドSMAF版」
ただし、このソフトを使用するにはSSC-MA3-SMAFが必要です。
WindowsVistaでは動作しないそうです?

それでは、「えせ着うたフロントエンドSMAF版」を起動します。
先ほど編集したWAVEファイルを指定します。
ウインドウにドラッグ&ドロップでOKです。
20090611

私の場合
使用するフォーマットは「4bit」
チャンネルモードは「stereo」
ファイルサイズは「300kB」
としました。
詳しい設定はヘルプを参照して下さい

又、設定メニューで「変換後に試聴する」にチェックを入れておくと変換が完了したら関連づけされたアプリケーションで再生しますので便利です。
この機能は、慣れるまで色々設定を変えてカット&トライするのにとても便利です。
ただし、別途プレイヤーを用意しておく必要があります。
MidRadio Player

以上でえせ着うたの完成です。
ポイントは
1 転送先の携帯電話の登録可能ファイルサイズの上限を調べる。(実際に転送してみて携帯電話で再生可能か?)
2 そのファイルサイズに収まる曲の長さと音質を色々テストしてみる。
です。

そして最後は携帯電話に転送です。
いろんな方法があろうかと思いますが、私は携帯電話用USBデータ転送ケーブルを使いました。
(携帯電話にメモリーカードを挿入する必要がありますが・・・)

先ずは携帯電話の設定(ソフトバンク 912Tの場合)

「設定」→「外部接続」→「USB」→「接続設定」→「カードリーダーモード」 → 待ち受け画面にする → ケーブルを携帯電話に接続 → パソコンに接続

それから、問題のファイルの置き場所なんですが、

「リムーバルディスク」→「PRIVATE」→「MYFOLDER」→「My Items」→「 Sounds & Ringtones」

と深いところにあります。
また、ここの操作は慎重にしてください。決してフォルダ名の変更はしないで下さい。

以上で終わりです。

なんだか読んでると面倒そうですが、慣れると簡単に出来ると思います。
本家着うたには音質面で引けをとりますが、目的の曲が検索されるまでのパケ代。
その曲をダウンロードするのに掛かるパケ代を考えたら決して無駄な苦労ではないと思います。


また、作ったものは個人で楽しむ事のみに使用してください。
携帯電話のファイル操作等は自己責任でお願い致します。

しかし、最近では携帯電話に音楽を簡単に入れる事が出来ますが、何でこれを着うたに登録出来ないのでしょうか?
技術的には簡単だと思うんだけどな~?
これって、着うた配信サイトの儲けを擁護しながら自分も(携帯キャリア会社)パケ代で儲けるためなのかな~?

ではでは(◎-◎)_TM

|

« プロダクトキー Windows、オフィス等のプロダクト・キー(CD-key)を調べるには | トップページ | また負けちゃった・・・・・ »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

作成したSMAF(mmf形式)ファイルを
912T用のmicroSDを直接パソコンにセットして、
「PRIVATE」→「MYFOLDER」→「My Items」→「 Sounds & Ringtones」
ここにコピーすれば簡単です。

投稿: Kame | 2011年6月22日 (水) 午前 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85745/45330664

この記事へのトラックバック一覧です: softbank ソフトバンク 912T 着うた作成法_2:

« プロダクトキー Windows、オフィス等のプロダクト・キー(CD-key)を調べるには | トップページ | また負けちゃった・・・・・ »