学問・資格

算数と数学、直感と公式

 あまり子供に関わらない私であるが、先日久し振りに子供の宿題を見た。
(+_+)こんな簡単な問題が解けないのか~
以前はトンビが鷹を生んだと思い、
「将来は中学受験かぁ~」
と思った時期もあるが・・・・・(;-_-)=3 フゥ
どうやらカエルの子はカエルらしい。
そして特訓が始まったのであるが、
『道のり、時間、早さ』
『割合』
が全然理解出来ていない。
そして説明もし難い。(親自身が理解出来ていないって事?)
特に割合。

続きを読む "算数と数学、直感と公式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前頭前野の活性化

 前頭前野の活性化
になるかどうか分からないが、ここで問題です。

問題 4つの4
以下の□の中に四則演算を入れ数式を完成させよ。

4□4□4□4=1

4□4□4□4=2

4□4□4□4=3

明日又新年会の為今日はもう寝ます

(__).。oOグゥー・・・( ~o~)ハッ・・・( -_-)ネヨウ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「同志社vs立命“小学校の豪華路線”」

先日アクセス解析していて、自分の記事近くに面白い記事が、と言うかテレビ番組。

■「同志社vs立命“小学校の豪華路線”」

同志社と立命館。
何かとライバル関係にある京都の2つの大学が、新たに作る附属小学校をめぐって激突しています。
有名メーカーの通学カバンからホテルが作る給食まで、豪華路線で親にアピール、激しい争奪戦を演じています。

その立命館小学校では、『百マス計算』で有名な陰山英男さんを副校長として招き、小学校からの学力の向上を目指します。

勝ち組と負け組の格差が広がりつつあるこの時代、教育の世界でも同じ現象が起きているのでしょうか?

引用元リンク: [2005/09/14]「同志社vs立命“小学校の豪華路線”」.2005/09/14 放送

 少子化による児童(生徒、学生)争奪戦。
一貫教育といえば聞こえが良いが、大学の為の高校、高校のための中学校、中学校のための小学校。
そのためのブランド志向。
陰山先生もそのブランドの一部になるのか?

 なんか淋しいよね
更なるステップと言うか、新たな開拓地を見つけただけなんだろうが、その先にこんな裏話があろうとは?


 同志社は初年度130万円、立命館は150万円かかるそう、
立命館の場合、小学校卒業までに800万円、大学まで進めば2,000万円近くがかかるみたい。
まさに
「私学、フォ~!」┏( ̄▼ ̄)┛
って、感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小中学校選択制度

 先日、子供が持って返ったお便りに、市内の小中学校の公開授業の日程が入っていた。
これって、オープンスクール?の事?
へ~?大学のオープンスクールとか、企業のオープン(この場合どう言うんだろ?)なら聞いた事あるが、こんな時代なんだぁ?
(◎_◎) ン?
ただ単に私が世間知らずなだけか?
しかも中学校も他の学区に行って良いんだぁ?
 
 で、少し調べた。

小中学校選択、38校で募集
 

尾道市教委は、二〇〇六年度から市立小、中学校で導入する「学校選択制度」で、新一年生の募集人数を発表した。
引用元リンク: 中国新聞・地域ニュース2005/09/09

で、子供が持って帰ったお便りを良く観ると(同等参考pdf資料
百マス校長の陰山先生で有名な土堂小学校が学級数2に対して、受け入れ可能人数が35人とは!?
学級数に対する受け入れ可能人数の比が極端に高いじゃない!
これは近年の土堂小学校人気による為か?
聞いた所によるとかなりの倍率らしいが、陰山校長先生転任後の来年度は如何なものか?注目してみたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百マス校長 立命館入り報道で県教委が遺憾の意_3

昨日私の記事百マス校長 立命館入り報道で県教委が遺憾の意_結局金か?に対して、尾道jinnのブログさんの記事陰山校長、尾道を去る?!よりトラックバックを頂いた。

陰山先生って大体3年ほどで学校をあちこち移動してるらしいんですよ? 自分のすべきことはしたので新天地を求めて移動・・・ってほうが正しいって気がするなぁ。

てか、そういうウワサ(そろそろ辞める)は春頃にはあちこちから(実際にはもっと前に)ボクは聞いていたし。てか3年ぐらいで移動してるからそろそろどこか行く・・・っていうか元々土堂小も3年ぐらいの契約じゃなかったのか?(真偽不明)と言うウワサもあるぐらいなので、まもなく辞めることをを知らなかったという教育委員会の言い分もなんだかと。

 そんな話があるとは、知らなかった。(・.・;)
この話が事実であれば、当然の結果か?
陰山先生は、「百マス計算」の伝道師で、3年おきに布教の旅に出る。
つことは、立命館小学校も3年任期かい!!

 で、この事を知らない県教委も間抜けだし、事前説明無しに辞める事に遺憾の意を表しているが、事前説明無しにいきなり先生を転任するのは教育委員会の得意技じゃし~。
人の事は言えないんじゃな~い?

つまりこの3年間は陰山先生の教えを「他の先生達」が引き継ぐ期間であったんだと思う。 その教えを土堂小学校の他の先生が受け継ぎ、転勤でまた他の学校に引き継ぐ。陰山先生から直接教わった先生が他の先生にどんどん引き継いでひいては尾道全体の教育レベルが上がる・・・というのがボクの感じ方だったんだが・・・。

 いや、まったく仰られる通りです。
ただ、「陰山」ブランドに惹かれて越境入学(例えば引越しまでした)して来た家庭の心境は如何なものかな?
もっとも、
「そこに入れれば何とかなる」
みたいな考えの親もどうかと思うが・・・・・。
陰山先生はどうもこの事を嫌がっていたみたいだし。(講演会参加者談)

 しかし、このjinnさんの記事が事実であれば私の
「結局金かい!」
のコメントは撤回させていただきます。

 最後に迷言、土堂小学校出身に悪い奴は居ない。
少し癖はあるが・・・・・あくまでも私の知り合いっす。

ではでは(@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百マス校長 立命館入り報道で県教委が遺憾の意_結局金か?_2

百マス校長 立命館入り報道で県教委が遺憾の意_結局金か?の記事に対して、MANGAKU~漫学(マンガク)~さんの記事陰山先生、立命館小で新たな試みか?よりトラックバックを頂いた。

 その記事によれば、

また新たなステージへと移っていかれるわけですが、どういう気持ちでこのような選択肢をえらばれたのでしょうか。

 確かに、陰山先生がこの小さな町にとどまる必要は無いと思うし、次なるステップを踏もうとするのは至極当然だと思う。
ただ、3年は早すぎないか?
小中高一環を推奨するならばこそ早すぎないか?
せめて赴任したときの1年生が卒業するまで居て、その子の6年間の成長姿を見たくないかい?

 県教委の公募で校長に就任したらしいが、
「もうやめるの?」
が、私の率直な気持ちである。
最も公募は表向きで、本当は県教委が頼み込んだのかもしれないが(笑)


 

公立の学校では、小学校、中学校、高校、大学と、「ブツギリ」の構造になっていて、それぞれがそれぞれの教育方針でやっているために、まったく連携がとれていないことがあると思います。そうすると、せっかく下の学校でがんばっても、上の学校でその伸びを止めてしまうこともあるでしょう。

もっともだと思います。
が、中には1貫が合わない子も居るのでは?
伸びたら伸びたらで物足りない。
中にはいじめ問題もあるでしょう。
あまりに1貫すぎて1つの選択しかないレールの上を走るのはいかがなものでしょうか?

 先日、某私立中高1貫学校の説明会に行って来ました。
そこで校長が言ってました。
「基本的にはそのまま高校に上がってもらいます、よその高校を望む生徒は当校よりレベルの高い高校のみ許可します。」
と、何じゃそりゃ。
この一言で、前向きに聞いていた気持ちが一気に冷めました。

 また、他のある町で、高校と1貫予定の公立中学校に仕事で行ったときに事務員の方が
「高校進学時に生徒がよその街に逃げてしまう。このままではこの街に、高校が無くなってしまう。その対策として、中高1貫に踏み切った。」
と、おっしゃってました。
この方の考えが、理由のすべてだとは思いませんが、少子化の今、当たらずも遠からずと思いました。

 その事も踏まえ、陰山先生の移籍(?)
キムさんの言われる、

小学校から大学までの私立の一貫校であれば、それらの連携をうまくとりながら子どもの教育を施していくことができる

これはもしかすると建前で、学校側は、陰山先生の名前と生徒のひき止めが目的か?
陰山先生は???
いやいや、更なる理想を目指して行かれるのでしょうか?

 と思うのは、嫌味でしょうか?

 いずれにしても発つ鳥は後を濁さないで行ってほしいものです。

ではでは (@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

因数分解

【問題】
連続する2つの偶数の平方の差は、4の倍数である事を証明しなさい。

【解法】
nを整数とすると、連続する偶数は、
2n,2n+2と表される。
(①)^2-(2n)^2=8n-②
         =4③
2n+1は整数であるから、4(④)は4の倍数である。
したがって、連続する2つの偶数の平方の差は、4の倍数である。

【注】
x^2とはXの二乗の事である=(X*X)

さて、①,②,③,④は?

中学3年の数学です。

ではでは (@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)