家電

カロリ救出大作戦

冷蔵庫の霜取りをしました。
我が家のセカンド冷蔵庫の霜取りは手動のため、時々除霜作業が必要です。
この作業は毎回私の仕事でして、今まではヘアードライヤーで除霜していましたが、これが結構時間がかかるのです。
そこで前々からこれが良いと噂に聞いていた「スチーム洗浄機」で霜取りを行うことにしました。

このビデオはその時の様子を撮影して編集したものです。
霜の中に埋もれたカロリを摘出してます(笑)

ヘアードライヤーで除霜するよりはかなり速いペースで除霜出来ましたが、霜が解けた水とスチームの水で床が水浸しにならないように注意が必要です。

ではでは(◎-◎)_TM

2009/4/26 01:32 追加更新

BGMが後半ダブってて見苦しいところがあります。
編集前はちゃんとしていたんですが、サーバー側でエンコード中にダブった模様です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

欲しい欲しい_FT-60

20090127
今日、会社の先輩がトランシーバー(アマチュア無線用ハンディー機)のスタンダードのVX-3の購入を検討してると言う話をしてきた。
話をしてるうちにだんだん欲しくなってきた~!
ずいぶん前の記事ですが、受信機か?無線機か?でも書きましたが、だんだんスタンダードのFT-60が欲しくなってきたー

でも、XV-3もICOMのIC-P7も気にナるし~
どれがベストチョイスじゃろか~?
あ~、買えないのに悩むし~
あ~、お金が無いのに~

欲しい!!

よし!!
数日頭を冷やすことにしよう!!


では~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビが壊れた

数年前に知人から頂いたテレビが突然壊れた。

昨日やっとテレビを入れ替えた。

実は今度も中古。

我が家の地デジ放送はまだ始まらない・・・・・。


しっかし、32型ワイドから21型の4:3になったんですが、小さ!!


ではでは(◎-◎)_TM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝がHD-DVD撤退へ 規格争いはBDの勝利

 米小売り世界最大手のウォルマートがBDの商品のみを取り扱うことを決めると言うニュースを先日見たばかりですが、まさかこうなるとは・・・・。
 これはやはりsonyの影響力(プレステ)が大きかったのかな?
σ( ̄。 ̄) オイラ的には、
「次世代DVD規格の両規格での記録と再生に世界で初めて対応したDVDドライブ」
の方向に行くのかと思ってましたが・・・・

ではでは (@_@)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

16倍速に数字のマジック有り

 DVD続きである
少し前の記事で、DVDビデオカメラの話題が出た時、DVDの書き込み速度の事も話題に上がった。

「DVDの書き込み速度は宣伝文句ほど実際は早くないし、意味が無い。」
と言う私の言葉に、
「何で?」
と言う問いに
「???」
情けない事に、浅く狭い知識人の私は答えられなかったのである。

 それ以来気になっていたら、読みかけの雑誌に記事が出ていた。それが、この「16倍速に数字のマジック有り」である。

現在、書き込み速度で最大なのは16倍速。

これ、2年前の記事です。
(2年前の雑誌を今頃見てるのはプラモと一緒で、ものぐさなんです。でも、私の頭には2年前がちょうど良い(自爆))
おそらく、今もそうですよね?

ドライブの書き込み速度を高速化するにも、回転数は毎分1万回転が上限と言われている。

 DVDディスクの書き込み方式にもよるが、内周と外周とでは速度が違うし、一定時間に書き込めるデータ量も違う。

 16倍速で実際に記録出来る容量は最後の数百MB分だけだが、これを16倍速対応ドライブと読んでいる。このため、16倍速で4.7GBを記録するには6分程度が必要。これは1倍速の1/10だ。

 6倍速までは、デイスク全域を最高速度で記録出来る。8倍速以上は、内周から段階的に速度を引き上げていく仕組みになっており、高速化してもそれほど書き込み時間の短縮につながらない。

 以上日経パソコン 2004-10-25 より引用

 要するに、2倍速は1/2の時間で4倍速は1/4、6倍速は1/6
でも8倍速は1/8では無いそうである。

 DVD書き込み速度は2年前と変わらず、2層記録のDVDももう当たり前。この先は、やはり次世代DVDか?

 この時の話題で
「次は大容量フラッシュメモリー(メモリーカード)が来る」
と言う話が上がってましたが、4GBのSDメモリーカードが出た今、

ビデオカメラはSDメモリーカードへ
ハイビジョン録画は次世代DVDへ

と言うのが当たり前になるのでしょうか?
って、もう当たり前?(自爆)


マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ、今DVDか?

先日親戚のおじさんがプラズマテレビを買った。
50Vである。
そのおじさん、世界遺産のDVDを見るのを楽しみにしていたようである。
話の種に見に行ったら、
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
何じゃこりゃ!?
画像悪くて気分が悪くなった。(一種の車酔い?)
ハイビジョンスペックのテレビにDVDの画質がついて行っていない。
しかもそのDVD DeAGOSTINIのDVDコレクションシリーズじゃ死~
DVD以前の元画の問題だったりして~

 と、前置きが長くなったが、先日友人との話。
ビデオカメラはDVDか?DVCか?HDDか?と言う話題。

 ビデオカメラはDVC派の私はDVDムービーの存在が理解出来ない。
大容量HDD内蔵のムービーでハイビジョン録画ならいざ知らず・・・、
と言ってもモバイルにHDDと言うのも今一信頼性が低いが・・・

 実は今日ひょんな事から目にした雑誌にこんな記事が

     -----以下引用-----
 デジタルビデオカメラで撮影した映像は、DVテープにDV-AVIと言うファイル形式で記録されている。DVDに画像を記録するには、DVDプレイヤーなどで再生できるようにDVD-Videoフォーマットに変換する必要がある。
 
 DVDーVideoフォーマットへ変換するにはMPEG2で圧縮する必要がある。DV-AVIファイルは、1時間の映像で約13GBである。・・・・・
     ――――-以上引用―――――

記録方式にもよるがDVCのSPモード(?)1時間の映像13GBに対してDVDのXPモードでは4.7GB
 どちらが画質が良いかは一目瞭然であろう。
もっとも、DVDムービーに使われるメディアは4.7GB以下であるが・・・・・

 DVDよりD-VHSテープ(古!)
 DVDよりDVCテープの方が良いに決まっているのに世の中DVDばっかり。

 尚、ここで言う「良い」とは画質の事で、編集のしやすさとか使い勝手のことではありませんから~

 やはり、ハイビジョン記録が出来る第2世代DVDの統一規格をしてもらいたいものだ。
関連記事「次世代DVDはまだ要らない」

ではでは (@_@)

| | コメント (4) | トラックバック (0)